退職(資格喪失)後も受けられる給付

イラスト

会社を退職し、被保険者の資格を喪失したあとでも、条件を満たせば引き続き次のような給付を受けられます(健康保険料は納める必要はありません)。

ただし、埋葬料を除き、これらの給付を受けるための条件として、被保険者であった期間が継続して1年以上(任意継続期間を除く)あることが必要です。また、健保組合独自に行っている付加給付は受けられません。

傷病手当金(継続給付)

被保険者の資格(任意継続被保険者を除く)を喪失する際に傷病手当金の支給を受けている場合、または受ける要件を満たしている場合は、その支給をはじめた日から1年6ヵ月間給付が受けられます。ただし、1年6ヵ月を経過する前に、一度就労可能と診断された場合は、そこで支給終了となります。

なお、厚生年金保険から同一の傷病で障害年金や障害手当金を受給することとなったり、老齢厚生年金を受給していると傷病手当金は支給されませんが、それらの額が傷病手当金より少ない時には、その差額が傷病手当金として支給されます。

受ける要件を満たしている場合とは
1.資格喪失前、労務不能であり、かつ労務に服していない期間が4日(連続して3日+1日)以上あること(公休日や報酬の有無は問わない)。
2.資格喪失日前日(退職日)に出勤していないこと。

出産手当金(継続給付)

被保険者の資格(任意継続被保険者を除く)を喪失する際に出産手当金の支給を受けている、または受ける要件を満たしている場合は、出産手当金が受けられます。

受ける要件を満たしている場合とは
1.出産日または出産予定日が、資格喪失日前日(退職日)から42日(多胎の場合は98日)以内に該当している。
2.資格喪失日前日(退職日)に出勤していないこと。

出産育児一時金

被保険者が資格喪失後6ヵ月以内に出産したときは、出産育児一時金を受けられます。ただし、出産時に加入している健保組合等から同様の給付を受ける場合は支給されません。

被保険者の資格喪失後に被扶養者が出産した場合、家族出産育児一時金は支給されません。

直接支払制度を利用する場合は、資格喪失証明書等の証明書類が必要となりますので、健保組合までご連絡ください。

埋葬料(費)

被保険者が資格喪失後3ヵ月以内に死亡したとき、遺族のかたに埋葬料が支給されます。傷病手当金・出産手当金の継続受給中または受けなくなって3ヵ月以内に死亡したときにも支給されます。ただし、死亡時に加入している健保組合等から同様の給付を受ける場合は支給されません。

被保険者の資格喪失後に被扶養者が死亡した場合、家族埋葬料は支給されません。

申請書類はこちら

傷病手当金・傷病手当金付加金請求書 書類(PDF) 記入見本(PDF)
出産手当金・出産手当金付加金請求書 書類(PDF) 記入見本(PDF)
出産育児一時金請求書
(直接支払制度用)
書類(PDF) 記入見本(PDF)
出産育児一時金請求書
(直接支払制度を利用しない用)
書類(PDF) 記入見本(PDF)
埋葬料(費)・埋葬料付加金請求書 書類(PDF) 記入見本(PDF)
このページのトップへ