治療用装具

(コルセット等の装具、小児弱視等の治療用眼鏡等)について

治療のため医師の指示にもとづき、治療用装具を購入し装着したときは、その費用について健康保険の給付が受けられます。

対象となる治療用装具

コルセット、膝サポーター、弾性ストッキング、小児弱視等の治療用眼鏡など、治療を目的とするものが対象です。症状が固定したあとの日常生活に必要な補装具、治療を目的としない装具(美容目的)などは、給付の対象とはなりません。

給付金額

各治療用装具の基準料金から自己負担分を差し引いたが額が給付されます。

自己負担は「医療費の一部を自己負担する」を参照。

治療用装具の耐用年数

装具には使用期間に定めがあります。同一の装具を使用期間内に再度申請された場合は支給対象外になることがあります。

申請手続き

「療養費・療養費付加金支給申請書」に以下の書類を添付して、会社の担当者へ提出してください。

提出した書類は事業主を経由して健保組合へ届けられます。

  1. 領収証(原本)および治療用装具の内容がわかる明細書(領収証に明細が記載されている場合は領収証のみでよい)
  2. 医師の証明書(原本) 小児弱視等治療用眼鏡作成の場合は、弱視等治療用眼鏡等作成指示書(原本)

小児弱視等の治療用眼鏡等について

小児の弱視、斜視及び先天白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡及びコンタクトレンズの購入については、健康保険が適用され、一定額が支給されます。

対象 9歳未満の小児

給付金額

障害者総合支援法の規定に基づく補装具の種目、購入または修理に要する費用の額の算定等に関する基準に定められた装具の価格の100分の104.8に相当する額を上限とする。

コンタクトレンズ(プラスチック製)は16,139円とする。(レンズ1枚の価格の上限)

弱視眼鏡(掛け眼鏡式)は、38,461円とする。

斜視の矯正等に用いるアイパッチ及びフレネル膜プリズムについては、保険適用外とする。

対象者 給付金額
就学児童 購入価格の7割相当額
未就学児童 購入価格の8割相当額

更新(作り直し)

更新の場合、以下の条件を満たせば支給対象となります。

  1. 5歳未満の小児の場合:更新前の装着期間が1年以上あること
  2. 5歳以上の小児の場合:更新前の装着期間が2年以上あること

申請手続き

「療養費・療養費付加金支給申請書」に以下の書類を添付して、会社の担当者へ提出してください。提出した書類は事業主を経由して健保組合へ届けられます。

  1. 領収証
  2. 医師の治療用眼鏡等の作成指示等(医師の意見書)
  3. 検査結果(眼鏡等の処方箋)
申請書類はこちら
療養費・療養費付加金支給申請書 書類(PDF) 記入見本(PDF)
このページのトップへ