亡くなったとき

被保険者が死亡した場合

被保険者(本人)の家族(被保険者の収入により生計を維持していた人)が被保険者の埋葬を行った場合、一律に50,000円が「埋葬料」として支給されます。

家族(被保険者の収入により生計を維持していた人)がいなかったときは、実際に埋葬を行った人に、埋葬料の額の範囲内で、かかった費用の実費が支給されます。この場合は「埋葬費」といって「埋葬料」と区別されています。

当健康保険組合の付加給付金

埋葬料(費)付加金
定額50,000円

被扶養者が死亡した場合

被扶養者が亡くなったときは「家族埋葬料」として、一律に50,000円が支給されます。

当健康保険組合の付加給付金

家族埋葬料付加金
定額30,000円

申請手続き

被保険者が死亡した場合

「埋葬料(費)・埋葬料付加金請求書」を会社の担当者へ提出してください。提出した書類は、事業主を経由して健保組合へ届けられます。

なお、任意継続被保険者が死亡した場合は、死亡を確認できる書類の写しを添付してください。

また、被保険者と生計維持関係のなかった者が埋葬を行った場合は、埋葬にかかった費用を証明する証憑書類を添付してください。

資格喪失の手続きは会社が行いますが、被扶養者がいる場合、同時(死亡した日の翌日)に被扶養者としての資格もなくなりますので、速やかに保険証を会社の担当者へ返却してください。

被扶養者が死亡した場合

「埋葬料(費)・埋葬料付加金請求書」を会社の担当者へ提出してください。提出した書類は、事業主を経由して健保組合へ届けられます。

なお、任意継続被保険者の被扶養者が死亡した場合は、死亡を確認できる書類の写しを添付してください。

死亡した翌日から被扶養者でなくなりますので、扶養から外す手続きが必要です。手続きに関する詳細は「被扶養者でなくなるとき」をご覧ください。

申請書類はこちら

埋葬料(費)・埋葬料付加金請求書 書類(PDF) 記入見本(PDF)
このページのトップへ