出産資金の貸付を受けたいとき

出産による家計への負担を軽減するため、「出産育児一時金」または「家族出産育児一時金」の支給を受けるまでの間、被保険者および被扶養者の出産に係る費用の一部に充てるための資金としてご利用いただくことを目的としたものが、出産資金の貸付制度です。

貸付対象者

「出産育児一時金」または「家族出産育児一時金」の支給を受けることが見込まれる方で、次のいずれかに該当し資金の貸し付けを希望する被保険者。

  1. 出産予定日まで1ヵ月以内の被保険者、または出産予定日まで1ヵ月以内の被扶養者を有する被保険者。
  2. 妊娠4ヵ月以上の被保険者、または妊娠4ヵ月以上の被扶養者を有する被保険者で、医療機関等に一時的な支払いが必要となった方。

貸付金額

法定給付額の8割以内。

申請手続き

「出産費資金貸付申込書」および添付書類を健保組合へ提出してください。

添付書類
貸付対象者1に該当する方 母子健康手帳の写し(出産予定日が記入されているページ)。
貸付対象者2に該当する方 母子健康手帳の写し(出産予定日が記入されているページ)および出産に要する費用の明細のある医療機関からの請求書または領収書の写し。

貸付方法

被保険者が指定する本人名義の金融機関に振り込みます。

貸付決定

「出産費資金貸付申込書」を提出後、健保組合では貸し付けの可否および貸付額を決定し「出産費資金貸付決定通知書」により被保険者へ通知します。

決定通知を受けた被保険者は、「出産費資金貸付借用書」(決定通知時に健康保険組合より交付)を当健保組合へ提出してください。

返済方法

貸付金の返済は「出産育児一時金請求書」の申請により、出産育児一時金との差し引き精算をもって返済を完了します。

「出産費資金借用証書」は貸付金処理が終了した時点で被保険者に返却いたします。なお、貸付金には利息は付しません。

申請書類はこちら

出産費資金貸付申込書 書類(PDF) 記入見本(PDF)
このページのトップへ